知の整理術を読んで

2018年4月13日

先月18きっぷで新潟~富山を巡ったあと高山線で読もうと富山駅で購入したphaさんの知の整理術。

このブログをはじめようと思ったきっかけの本で、とにかくいま悩んでたことややりたかったことへのはじめかたなどがタイムリーに入ってきて、珍しく立て続けに2回目読みはじめてる本になっている。

かなり実践的なことも書いてあり、例えば覚えたいことは小さな紙に3つ書いてそれを15分おきに思い出しながら散歩する、完璧に覚えたらその紙を捨てる、といった具合。

なぜ3がいいかという説明も、ローマ数字を例に、ⅠⅡⅢⅣⅤと4になると難しくなるように世の中のものは3までは覚えやすくなってる的な感じで、すとんと腑におちる例題(メタ情報)が盛りだくさん。

電子書籍と本の違いについてのphaさんの考察を読みながら、まさにこの本を買う理由がそれだよな、と思わせるところがまたよかった。

収穫の多かった本はブログに書いておくと、後から検索して読めるのでおススメ(ブログは、ストック)と書いてあったので、さっそく投稿。のちのち加筆してくのもいいらしいので、この投稿を何度か修正していく予定。